カテゴリ:everyday people( 27 )

土肥ぐにゃり初出演映画公開決定!



7月24~@渋谷アップリンクにて公開!
7/24(土)~8/6(金)は 15:00/19:00
8/7(土)~はレイトショー 20:50~
*東京グランギニョール主宰演出家・美術家の飴屋法水はじめ、個性派俳優・渡辺敬彦(潮)、ダンサー金崎敬江、等さまざまなジャンルの話題の人物総登場!
現代社会必見!
[PR]
by muddyfrankenstein | 2010-05-08 12:54 | everyday people

NEW!!! 鵺院web OPEN!!!

鵺院web
BBSはここから飛ばれよ。
nUeYin BBS
d0068382_18253267.jpg

[PR]
by muddyfrankenstein | 2009-11-13 18:26 | everyday people

夢の機械@東京ビッグサイトに登場!

義父さんが大変なマシンを開発した。
アイスクリームマシンのシェアはスイス製及びイタリア製が大半を占めるらしいが、それらの機械と同等以上のマシンを開発!
さらには今まで職人の手にしか出来ないといわれたカスタードクリームまでも抜群に美味く作ってしまうという。
高温の熱媒で加熱しながら温度が上がり過ぎないように同時に冷却もできる夢の機械なのだ!
これによりアイスクリーム、カスタードはもちろん、ムース、ジャム、ごま豆腐にぎゅうひ、さらにはお粥まで、、、
シェフの技と味を再現できるスーパーマシン!
この凄い発明をビッグサイトで開催の「厨房設備機器展」「フードケータリングショウ」に出店。
さらにはそのディスプレイデザインレイアウトは
弥勒ジャーナルベーシスト工藤“wabi"良平が手掛けることが決定!
これは面白いことになりそうだ。
http://www.jma.or.jp/hcj/ja/index.html
キャンペーンガールには過去の仲田作品に出演した女優2名を配し、
東展示棟の2J-304ブース(ソーキナカタ)にてぶち抜き8メートルで
3/11〜14まで展示されているので
お暇な方はのぞいてみてね!

d0068382_23195716.jpg

さらに4月にはそのwabi良平自身の作品展も!

●ワビサビ展 wabisabi exhibition 

●会期:2008年4月1日(火)〜4月12日(土)
開館時間:12:00〜19:00
休館日:月曜日 入場無料
会場:(g)東京都渋谷区恵比寿西1-31-12 2F
http://www.gooddesigncompany.com/
代官山駅より徒歩5分、恵比寿駅より徒歩10分
電話:03-5728-1711(久能)
オープニングパーティー 3月30日(日)

●トークショー 「ワビサビ×水野 学」
日程: 4月6日(日)
時間 :17:00〜19:00
会場 :(g)参加無料
※参加ご希望のお客さまは、お電話にてご予約を承ります。

●展覧会紹介文↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

国内外で数々の受賞歴を持ち、日本全国から注目を浴び続けている
人気デザインユニット「ワビサビ」。今回は、 1999年の結成時から
現在に至るまでの作品、なんと100点あまりを一挙に展示 致します。
東京ではなかなか実物を目にすることができない、彼らの繊細かつ
大胆な作品世界を、心ゆくまでお楽しみいただけることと思います。
また、ポスターをはじめ、オリジナルプロダクトや現在進行中の
インディーズファッション ブランド 「Flesh and Blood」の 展示・販売も行います。
皆様のお越しを心より お待ちしております。

*日本に8個しかない(2個は横尾忠則)、映画ならアカデミーブロンズに匹敵するNewYorkADCの”キューブ”を 2個保持している彼の実力の神髄をこの機会に是非堪能あれ!

d0068382_23202680.jpg

d0068382_23204718.jpg

[PR]
by muddyfrankenstein | 2008-03-07 23:21 | everyday people

大阪最高!

深夜バスで早朝に到着。チェックインまでやっさん宅で休ませてもらう。
娘カレンとの初めての海外旅行報告を聞いて、「自分の分身と旅行かあ」と考えを巡らす。
ゾウに親子3人乗りや、首長族との写真はいい写真だったなあ。
d0068382_1334965.jpg


で、北海道からメンバー到着の報を聞き、千日前に向かう。
通天閣はウルトラセブンみたいで大好きだけれど、このツアーの初日の箱が入っていて宿でもある「味園」は凄い!ウルトラセブンにさらに力道山が入ってるような70年代昭和の娯楽の殿堂!奇妙な建物には風格と妖気が漂う。
GROUND ZEROが東京でも話題になるのは納得の魔宮殿ぶりだ。

2/9@千日前・味園GROUND ZERO
I.Q.O:曲もこなれてバネがさらに強くなっていた。これはもう誰が見てもかっこいいR&Rバンドだろう。しかも新しい。荒川君は愛娘・心子(こころこ)ちゃんが生まれてから、またエネルギーが強く、より輝きを増していた。前の曲ももちろん抜群だけれど、今現在のエネルギーが注入された新曲も早く聞きたい、見てみたい。
LOVEDLOVED:出だしから”今日は長くなるかもな”の予想どおり調子はばっちりのようだ。
理くんの歌がいい状態の時は、バンドのグルーブもグンと絡む。R&Rの格好良さと、良質のPOPSがきちんと同居している”絶品バンドぶり”は健在。全部見るとやられてしまうので、
途中で一旦外して、出番にそなえる。
ここでトイレに行こうとしたら、怪しすぎる影が!味園名物”なにかみえない何者か?”とおもいきやしょんべん我慢できない忍画伯。こっちも待てそうもないので連れション。
あ、そうだ味園に行くからと、高円寺からやってきてわざわざお守り買ってきてくれたハリーありがとう!さすがnoddyの彼女!このお守りで無事に乗り切れたわ。感謝。
弥勒JOURNAL:あたしが完全爆発するにはこのぐらいのメンバーが揃わないと出来ない。という自慢のメンバーを引き連れて、やっと関西で納得のライブができた。
やさぐれ:大阪に雪が降るとは知らなんだ。そうか、弥勒とやさぐれの道産子バンドが二つもいっぺんに乗り込むんだから、このくらいは平気で起こってしまうわな。しかしその雪で6〜7時間で到着するはずが12時間もかかってしまったと、かなりのお疲れぎみ。
凄さがくどさになると聞く方も疲れる。もちろん悪いわけはないがもったいなかったなあ。
*この日は特別にアメ村「ソシオ」の店長清水さんがMIX。おもろすぎる絶倫親父(同じ年)で抜群だった。
d0068382_13305710.jpg

2/10@難波ベアーズ
VORACIOUS SOUL:貫禄でてきたなあ。その分信頼と期待が一気にVOノブに集中するからノブにとっては正念場か。タケちゃん、前川さんはビンビン、でもマッキーはもっと元気あるやろ?何を制御しとんねん。
やさぐれ:ぐっすり寝たか?さすがに昨夜の失敗は繰り返さないが、自分達の良さを発揮しようときちんとやろうとする姿勢がグッとくるがその分慎重だった。こいつらがのびのびやったらこんなもんじゃない!89点。次回は大爆発をみせてあげてほしい。でも純也君はじめ各メンバーの技量実力は十分に伝わっただろう。あのギターは心底凄いぜ!
もう一度録音し直すことを強く希望する。
弥勒JOURNAL:全然スタジオは入れてなかった不安が前日取り払われて、さらに遊びの部分まで踏み込めた。制御の効かないところまでいきそうだった。19歳の時に想像した奇妙な世界観の片鱗を出せたように思う。
ADIXION:すいません。さすがに綱渡りツアー2連ちゃん終えたら、もうくたくたで見られませんでした。またおあいしましょう。
d0068382_13295676.jpg


d0068382_13321419.jpg

と、ここで弥勒関西初上陸ツアーは終了のはずが、「もう一日やりましょうよ!」の声にうなずき
仕事で帰るメンバーと分かれ単独でセッションにのぞむ。
「どうせやるならあの人だ」と、荒川君と知くんの家に向かう。
関西ハードコアの先駆けにして、フリージャズ日本全国道場破りを経て、パリあたりでも勢力的にライブを行う、大阪フリーミュージックの帝王「あぶらなぶり」。
たこ焼き20個を購入して「今日のギャラです。」と差し出すと苦笑い。drsエビちゃんにも連絡してくれあっさり実現。「IQOのライブ枠に最初の3曲くらい3人でやらせてもらうわ」
いきなり今夜夢が実現する!と知くん宅でのんびりしながらも徐々に緊張がせまる。

2/11@アメ村HOKAGE
ユウ:ノブがやってるもう一個のバンド。こちらのほうがVOの責任ない分、楽にノブの地が出てるように感じた。ボレシャスより妖気ただよう。ハードコアCANの妖怪版でありながらスタイリッシュでもある。かっこええ!
369セッション:あぶらなぶり+ぐにゃりのたった3人。いっさい何の打ち合わせもなしだから
自分でもどうなるか分からなかったが、始まってしまえば心配無用。その場で2,3曲新曲を作り上げてしまった。そしてIQOの6人が加わり9人に。まさに369ミロクセッション!IQOの曲は中に入るとよりバネがストロングでえらい興奮した。九福神の宝船から小判が滝の様に流れるがごとし、グルーブと爆音のぶっ飛び大洪水!最後の曲はもう立っていられなくなってしまった。
さすがですわ関西勢!
深夜バスのキャンセルし荒川君宅でぶったおれてしまった。
翌朝、早朝から仕事の荒川君車に同乗し、安田社長の顔をおがみ、バスの3倍の値段の新幹線で帰宅。
くたくたっだったけれど、やりきった感で非常に晴れやかな初大阪〜東京のぞみ号。
車中、知くんから「あんな短さじゃなくて、こんどはワンステージフルでいきましょう!」のメール。この旅の大成功に太鼓判押された心持ちで、帰宅後一気にぶっ倒れて仕事もぶっちぎってしまった。すんません。味園の妖気がいけないんです。

お好み焼き、たこ焼き、ホルモン、うどんに、王将に、立ち飲みや、、、
今回は食のめんでも、なにもかも充実した最良最高の旅でした。
ずーっと付き添いしてくれたBIG、やっさん、荒川君はじめ、みなありがとう。
それぞれに子供が生まれ、彼女達はたくましい・かっこええ女になっていた。
こりゃどんどん増殖してえらい軍団になりそうやなあ。
OTさん、健ちゃん、マチくん、、味園万歳!文化遺産化目指してがんばってね。
[PR]
by muddyfrankenstein | 2008-02-13 13:40 | everyday people

新年あけましておめでとうございます。

d0068382_0242416.jpg


すべて一新されますように!
完全に光り輝く第一歩の仕切り直しの年。
今嘘ついてたらはじまらないぜ!
d0068382_2204123.jpg

[PR]
by muddyfrankenstein | 2008-01-01 00:24 | everyday people

魔都京都から帰還

”人生は満員電車の地獄に似たり”
厚顔無恥、客観性の欠如、強引、無理矢理、肥大したプライド、一方通行、、、、、
あらゆる人間が持つひどさ満載の旅だった。
おそろしくて、可笑しく、可愛く、みっともない、人間、人間、人間、、、
うんざりだな。

そんな中大阪から駆け付けてくれた友人達は
ホッとさせてくれるナイスガイ揃いでありました。

しかし、ちょっとなにもかにもにつかれた。
しばらく機能停止。
[PR]
by muddyfrankenstein | 2007-10-05 02:36 | everyday people

超名盤誕生!

d0068382_983920.jpg

ずいぶん前の話になるが、TVで団塊の世代を総括する番組をみた。
「団塊の世代だとくくられるおぼえもない」等バラバラで統一する見込みのない討論会で
唯一出席者全員の一致したのは
「団塊の世代の唯一共通しているのは、子育てに失敗したことだ」
という意見だった。
敗戦国から欧米に追い付け!と、豊かに豊かに!
とがむしゃらに金を稼ぎ、定年を前に思うのは
「何の思い入れも持てない役立たず達を産み、育ててしまった」
というむなしさだという。

良いか悪いかではない。そういう時代だったのだろう。
そういう役割だったのでしょう。

その失敗作の一期生にあたる我々がやらねばならないことは
先人のがんばりに敬意を表しつつも、それらの失敗、あやまちを正すことにある。
「子育てに失敗した」と名指しされた失敗本人だからこそ
どこをどう改めるべきか、肌で知っているはずだ。
過去の歴史の学習経験の積み重ねによって吟味されてきた
「本当のこと」がいよいよ実践される時代に突入した。

その転換の時を告げるべく、2007年この日本ですばらしい名盤が誕生した。
良い音楽かどうかを問わず、金になることのみが基準の不毛の日本音楽シーンに
背を向けるどころか、全く関心を示さず、あるものは海外で、あるものは地下に潜り
独自の個性に磨きをかけた日本全国の超一級の猛者達が集結した。
ビジネス流行歌しか聴かない単純な耳ではとても処理などできない音の洪水。
微細なまでの人間の複雑化、角度の多様化、さらには解体され再構築される音楽。
これは単なる新音源のリリースにとどまらず、価値の転換をはかる時代の合図だ!

「A TRIBUTE TO MUDDY FRANKENSTEIN」
札幌〜東京〜アメリカ〜伊豆大島と18年間渡り歩き活動を続けてきた
[MUDDY FRANKENSTEIN]が、転換の時に合わせ生まれ変わるために
[弥勒ジャーナル]に改名したのを記念したトリビュートアルバム。
参加メンバーは:
・弥勒ジャーナル
・LOWLIFE SURFER
・ 天井桟敷
・ VORACIOUS SOUL
・ I.Q.O
・LOVEDLOVED
・トップサルジャー
・ソーサナー
・Yasu
・上田假奈代(朗読)・中島直樹'すーあん'(コントラバス)
・THE GUVA
・やさぐれ
・flemmings
・夜魅
・DAINAGON
・DEEPCOUNT
・さっちゃん&バンドオブヴェスパ'53
・ねたのよい
・あぶらなぶり
・字アザフセ伏
・RYOCK
の札幌、東京、静岡、大阪、九州から集まった全21組の真のアーティスト達。
もう我々の入り込む余地のない既成のシステムは無視し、義務も権利もみな放棄する。
という趣旨のもと、CDーRで参加メンバーに現物一部を分配し、あとはどう焼こうが煮ようが
ご勝手に。一枚も売る気がなくても、千枚売っても、どっかのレーベルにこっそり売りわたそうが、カラス避けにぶらさげようが、ばらまこうが自由自在。
「こっそり儲けた方は、戦争を止めて下さい。」by安田克俊:企画主催者。
もうあくまで聴いてもらいたい人に聴いてもらいたいだけだ!

この「変化の今」を知りたい方、ピンときた方は
是非とも1聴をおすすめする複雑怪奇な超名盤です。
幸せとはなにか。納得とはなにか。豊さとは、気の済む人生とはなにか。
じっくりお聴き頂きたい。

RYOCK画伯によるかっちょいいイラストジャケット!
http://jambopopotan.nobody.jp/

¥1,300(送料別)
予約受付中*今予約の方には「2007弥勒満月カレンダー」ついてます。
r-toy@bg8.so-net.ne.jp
まで、お気楽に問い合わせください。


d0068382_983920.jpg

[PR]
by muddyfrankenstein | 2007-03-28 18:38 | everyday people

個性というひかりを!

d0068382_23322327.jpg

みろくじゃーなる 369ジャーナル 弥勒JOURNAL
[PR]
by muddyfrankenstein | 2007-03-06 09:36 | everyday people

無事帰京。〜芸術の森合宿&厚岸ライブレポ

昨夜、東京にもどりました。
東京→札幌→厚岸→釧路→札幌→東京と
二週間でずいぶん移動した。
働いた金もほとんど交通費でぶっ飛んだ。
しかしそれでもおつりのくる充実した旅であった。

芸術の森合宿は、札幌のはずれの広大な敷地内にホールやら宿泊棟やらなんでも完備のところで、そこにある宿泊付きのスタジオ棟を
まるまんま2泊3日借り切り、24時間いつでも音が出せる好環境。
ヴォーカルの部屋は加湿器、暖炉ラウンジ付きの豪華スイート。
外タレ扱いの贅沢三昧の中、遂に揃った「いいたいだけ言い合える」同世代メンバー。この何年も味わえなかったバンド感が蘇り、音も4年ぶりに人に聞いてもらいたいものがみえた。
初日で皆のやる気を感じ、安心したのか、二日目は皆に任せて眠りこけてしまった。
一発録音をチェックして、「北の妖精」ユカメリンに再会したりしていたらあれよという間にすぐ厚岸に移動。
サウンドチェックを前日に行うというので金曜から乗り込む。
会場は”牡蠣の町”厚岸が一望できる牡蠣をモチーフにした
道の駅「コンキリエ」。ここで年に一度開催される音楽愛好者のイベントで、中学生コピーバンド、札幌へ飛び出したビジュアル系君達、演歌歌手、三味線で海外公演も行うすごい人、さらに主催のおじさま達のサンタナからGSバンドまで、なんでもありの11組も出演。
なかなかみなさんこれだけのイベントをやるだけに、実力もやる気もけっこうな人々の集いでありました。音楽が好きだというのに田舎も都会も関係ないな。歌のうまい娘もいた。
規格外の我々はちょいととまどうが、ドラムのケンちゃんの地元で本気をみせたい意気込みが伝わり、みな必要以上に力を込めて 全力ライブでありました。力みすぎてまたのどがつぶれた。
心配していた反応はまずまず、無言でガン観、そして喚声。
若い音楽好きもそうだけれど、主催の年配の方々や、教育委員に関わっているビジュアル君の親御さん達に、熱意が伝わったようでなにより。楽屋にいきなり毛蟹、ツブ貝、チラシすし、、、がドーンと用意される中「もう押さえきれないくらいグッときた。こういうのが正しいってことだと思う」とビジュアルパパ等に言われ安心。
荷物運びから、わざわざ見送りに何人か来ていただき、はるばる旅した甲斐があった。
それにしても食い物の旨さには完敗。こんな無口で食べ続けたのは初めてかも知れない。
ケンちゃんの美人奥さん、可愛い息子、娘にも会えた。
もう都会だとか、田舎だとかの分け方は古い。
豊かさとはなんなのか考えさせられる旅だった。
都会の不必要な情報なんぞ一切なくても、充実の贅沢は確実にそこにあった。
厚岸の皆様、タエ様、リクにリオちゃん!
ほんとうにお世話になりありがとうございました。

なにかとても貴重で重要な旅だった。

d0068382_1939669.jpg
d0068382_19394888.jpg
[PR]
by muddyfrankenstein | 2007-02-27 19:39 | everyday people

MUDDY FRANKENSTEINトリビュートアルバム

弥勒ジャーナル誕生に伴い消滅した
MUDDY FRANKENSTEINのトリビュートアルバムが大阪のやっさんの監修のもと作成中。
既成の流通無視の革新的企画。

参加メンツは:
弥勒ジャーナル (日本)
ローライフサーファー (東京)
天井桟敷 (東京)
VORACIOUS SOUL(大阪)
I.Q.O (大阪)
LOVEDLOVED (大阪)
トップサルジャーorアンギャー(東京)
ソーサナー (東京)
安田克俊(大阪)
スーアン&上田かなよ (大阪)
THE GUVA (大阪)
やさぐれ (横浜)
flemmings(札幌)
夜魅 (札幌)
HIGH VOX~D作&CHUNK~D-BAND(宮崎、東京)
DEEPCOUNT(東京)
さっちゃん&バンドオブヴェスパ(東京)
ねたのよい (東京)
あぶらなぶり (大阪 )
RYOCK(静岡)
アザフセ (東京)

以上北から、西から、南から東から超絶21バンド!
2007年春をめどに完成予定。

d0068382_14532621.jpg

[PR]
by muddyfrankenstein | 2007-01-30 14:53 | everyday people