<   2005年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

8月

8/5( FRI) at 下北沢 Shelter 
☆ THE GIMMIES PRESENTS "ROOM SERVICE VOL.3
" THE GIMMIES 2ND ALBUM "PHONIC SOULS" RELEASE PARTY ☆
w /GIMMIES, BAREBONES, HIGH VOX
OPEN/18:30 START/19:00
ADV/2000yen DOOR/2500yen
*MC5のマイク・デイビスのプロデュースにて
2ndアルバム完成の「ギミーズ」レコ発!
マディはトップバッターで祝福するので、遅れてはいけない!
下北沢シェルター

8/8(MON) at 高円寺稲生座
w / LOWLIFE SURFER
20:00〜
1、500YEN + 1Drink
*二回目の稲生座!じっくり堪能するならここ!
予定通りいけるぜ!
稲生座

8/12〜22
雲隠れします。ふふふのふ。

8/28(SUN) at 新宿 club DOCTOR
w / HIGH VOX、MACROCORD、MACHINEANIMAL、MAD MACHINE,,,
*豪快ぶっ飛ばし揃い!
新宿クラブドクター
[PR]
by muddyfrankenstein | 2005-07-22 12:08 | SCHEDULE

だけど、まあ

賛否両論あるほうが燃えるんだろうな。ふふ
生きるエネルギーを常にありがとう!
美しさを気付かせる醜さよ、感謝!
[PR]
by muddyfrankenstein | 2005-07-21 02:44 | everyday people

雨が逃げていった!

今年もいって参りました奥多摩ギグ改め「GIG&CAMPS'05」!
行く前は、ライブ道具にテント,寝袋、アウトドアグッズに食料!
と荷物の多さと、遠出の面倒臭さに一歩引いてしまうんだけど、
出発前になるとドキドキ,出発後はワクワク、到着してうふふのふ。
来ちゃえばやっぱ極上!この世の楽園(ちょっとおおげさ)!
しかし今年は一層濃かったから、ほんまつかれた。
寝る間を惜しんで,遊びたいだけ遊んでしまう。
三日間で睡眠3時間くらい遊べば、もうお腹いっぱいや。
濃過ぎたから、ちょっと動くの面倒くさくなって、『本部』にいたきりで
いろんなとこに顔だせなくて残念。話したい人がたくさんいたのに惜しい事をした。

ハードコア色強いキャンプだから、躊躇する人もけっこういるかとも思うけど、
行った人ならわかる、あの非日常的にぎやかさ、しかも大自然の中!
クーラーつけて部屋でぶつくさテレビ見てんなら絶対行くべきだよ。
リボーン!というくらいリフレッシュ再生できるよ!
おそらく来年はもっと濃くなるの必至だからもう寝られないかもよ!

関係者各位、GILはじめ三多摩軍団,音響のアナミズ師はじめスタッフの方々、
友達,知り合いバンドに知らないバンド、食い物屋さんに、女風呂覗いていた奴
みなさん!おつかれさまでした!また来年楽しみましょう!
ありがとうございました。
[PR]
by muddyfrankenstein | 2005-07-19 12:13 | everyday people

宇宙創世神話と葬送儀礼

つけが廻って苦しい中、最後の体力を絞って、見て参りました。
この5年くらい、ずーっと気になっていた『ドゴン族』をついに目撃した。
こまかいことは各自お調べいただくとして、凄い歌だった。
過去に聞いた事のあるアフリカの音楽に加え、コーランのようなイスラム音楽にも似ているし、東洋のお経のようでもあり、土人の演歌のようでもあり、、、、
すべては、これから派生したのかとも思わせるし、
この世のすべてを受け入れているようにも思えた。
パフォーマンス自体は、幼稚さとでたらめさ含むぎりぎりの線でもあったが、
それこそが我々の基準では計れない奇怪さもあった。不思議な図形を見ているような。
おそらく最も似ているのは、なんと我々がたまに遊んでいる『満月会』であった。
未だうまく整理できないが、貴重な体験をした。良い確認だった。
ドゴン族
d0068382_634454.jpg

[PR]
by muddyfrankenstein | 2005-07-14 06:57 | everyday people

月光芸術運動会

満月会ブログ
[PR]
by muddyfrankenstein | 2005-07-14 06:48

いよいよ来週!発狂せよ!

7/16(SAT)〜18(MON)
奥多摩ギグ改め「GIG & CAMPS '05」
*昨年開催された奥多摩ギグが名称を改めスケールもでかく生まれ変わった!
たまには自然の中でBBQ,テント暮し、川遊びに加え野外ライブ!
今年のメンツは充実してるぜ!

チケット取扱中。BBS参照。
詳細は下記まで
GIG&CAMPS05
d0068382_4252112.jpg

[PR]
by muddyfrankenstein | 2005-07-07 04:15 | SCHEDULE

MUDDY FRANKENSTEINとは

最近あのおっちゃん達は一体何者?
という、ヤングからの質問が多いので、かるーく過去をみてみましょうか?

MUDDY FRANKENSTEINの過去のメンバーは実に100人にもおよび、
その中には有名になって卒業された方々がたくさんいる。
個人名は問題ありそうなので、ライブ,スタジオだけでも参加した人達をあげてみれば:
ゆらゆら帝国、DMBQ、ミュータントモンスタービーチパーティ、フリクション
SUPER SNAZZ,ファイヤースターター、JET BOYS,,,,,,,国内にとどまらず
GREENRIVER(SEATLE),MUMMYS(S.F),MrT EXPERIENCE(S.F),,,,,,
アメリカ人が参加したこともある。

こう書き上げると圧巻だが、彼等(彼女等)は
どこまでいっても納得しないあたしを残し、
次々に旅立っていかれた。

「こんなもんで満足できるわけがない!」
さらなるぶっ飛びを目指し、気が付いたら18年。
やっと最近、なんとか反応が返ってくるようになった。
といったところです。
1stアルバムはあの有名なシアトルの「エッグスタジオ」で「コンラッド・ウノ」に録ってもらった。
しかもライナーは70年代の大スター、「フレーミン’グルービーズ」の「ロイ・ロ二ー」が書いて下さっている。
スケータービデオで有名な「スラッシャー」のビデオで、日本人で初めて曲を使われたのはあたし達だ!
うう、これ以上書くと眠れなくなるので、この辺にするけど、
この事実を前にしても、ピンとこなかった無知無能の音楽ライター達や業界への怨みはでっかいぜ!
きちんと反応してくれたのは唯二人だけだった。
これだもん、もう好き勝手な芸風は出来上がるわな。
みなさんに長年無視され、いじめられたおかげで、
ようやく最近唯一無二になれましたわ。
結局すべてに感謝よね。
[PR]
by muddyfrankenstein | 2005-07-01 00:00 | BIO