<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

DEEPな旅

アイヌモシリ一万年祭にいってきた。
自分が置かれている「今」を実感し確認する過酷で楽しい有意義な旅だった。

*風呂も、洗濯も、食器洗いも、泳いで遊ぶのもみな同じ川。
d0068382_145916.jpg

[PR]
by muddyfrankenstein | 2005-08-31 23:59 | everyday people

9月

9月のライブは一本だけ!
9/2(FRI) at 国立地球屋
*対バン未定
19:00〜
1,000YEN + 1Drink
*いよいよ三多摩地区の魔境にチャレンジ!
MUDDY FRANKENSTEIN初地球屋を目撃しない手はない!
この日もいろんなところとかぶっているので動員は見込めないが
こういう日は特別いいんだよな、あたし。気が楽だからか?
もの好きは是非!
地球屋

*9/18のI.Q.O東京公演は主宰者の都合により中止となりましたん。
[PR]
by muddyfrankenstein | 2005-08-31 23:22 | SCHEDULE

ホッ

うって変わって昨夜の稲生座はじっくり楽しめましたん。
やっぱじっくり、凝縮して楽しんでもらえるとやりがいがある!
いろんな価値のわかる「大人」のお客さんの前の方が、
安心して演奏できる年頃になったということか。
正直、若さだけなのは、いい加減もう、ちと疲れた。
幅広く音楽を楽しみ味わいたい!
冷静に客観的になれるほうが自分の芸の幅もひろがる。
リハビリと実験の繰り返しができる、さすがDEEP TOWN高円寺の老舗!
稲生座の音楽に対する情熱と認識の高さは世界一ではないかと本気で思う。
だって、あんなにこまやかに音をたしなむだなんて他の国でも
そうそうあるもんじゃないし、事実、確かだもんねあそこは!
あたしの納得の駆け込み寺!
救われたい人は、のぞいてみるべし!
まあ、敷居はたかいかもだけど、、、
ふふふ、わかんねえだろうな、ぼんくらにゃあ。
町田康の小説にも 「畜生座」の変名で登場するわかる人にしかわからない空間。
大人が、大人のほうが面白くなってきたな、いよいよ。

*「生畜座」ですん。
[PR]
by muddyfrankenstein | 2005-08-09 11:47 | everyday people

評価まで、あと百年!

今年二回目のうわのそらのライブをしてしまった。
理由は二回とも最前列に熱いまっすぐな奴が陣取っていたからなのか?
彼はいい奴だし、なにごとにもひたむきで好感度も高い。
しかしあまりにまっすぐ求められて、それにこたえてしまっていいものか?躊躇が生まれる。
散々いろんな目にあっていろいろみてきた人間がそれに素直にかえすのはどうしたものか?
そんな単純なもんなわけねぇだろ人間が!
若さやまじめさは時には暴力的なまで一方的だ。
アメリカ人じゃあるまいし、そんな人間が簡単ならこんなに苦労はしないさ。
そこをくつがえして複雑に混沌の恐怖におとしいれられたらならいいんだろうが、そこまでのひとでなしまでは、あと一歩というか、のぞまない自分がいる。
スターやヒーローになりたいわけじゃないんだ。
複雑さを理解してほしいだけなんだ。
だからマディは評価されない。
あ、悪意はいっさいないよ!
自分の無力さがはらだたしいだけです。
[PR]
by muddyfrankenstein | 2005-08-07 04:36 | everyday people