<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

超満員御礼!

「涅槃の彼方」大盛況にて終了。
札幌のバンドはレベルが高かったぜ!
全国の皆に知らしめたい。
弥勒ジャーナル遂に着地いたしました。
ここからはじまる。
d0068382_12582889.jpg

d0068382_12585950.jpg

d0068382_1301374.jpg

[PR]
by muddyfrankenstein | 2007-07-25 13:00 | SCHEDULE

弥勒ジャーナル本格初披露@札幌

d0068382_1233216.jpg

札幌アンダーグラウンドの聖地・KLUB COUNTER ACTIONと、老舗レーベル・オフィス観音の強力タッグで贈る、
『涅槃の彼方 〜4SCRIT MANCON〜』

東京より、
弥勒ジャーナル(MUDDY FRANKENSTEIN改め)、
THE RIDDLE、
札幌からは、
SLANG、
The Drownerz、
郎平。

豪華で強烈な顔ぶれは、7月21日、今宵限りか。
アンダーグラウンドインディーズシーンを牽引し続けた、
カリスマ達を、一晩で堪能できる稀有な機会。
濃厚・重厚なサウンドと、脳裏に焼きつく、言葉のひとつひとつ。
狂気のパフォーマンスは必見だ。

【日時】2007年7月21日(土)
『涅槃の彼方 〜4SCRIT MANCON〜』
    OPEN 19:00 / START 19:30
【出演】弥勒ジャーナル/THE RIDDLE/SLANG/The Drownerz/郎平with KIYA-HEN
【場所】KLUB COUNTER ACTION
    北海道札幌市中央区南2西1 広和ビル2F
    TEL&FAX 011-222-1413
【チケット】前売り 2000円/当日 2500円
    ・ローソンチケットLコード11874(6/15発売開始)
    ・KLUB COUNTER ACTION店頭販売
    ・オフィス観音HPより当日精算予約(ライブタイトル、氏名、枚数をお知らせください)
      yamadaer@snow.ocn.ne.jp
【INFO】・オフィス観音
     TEL&FAX 011-766-7224
     yamadaer@snow.ocn.ne.jp
     http://www18.ocn.ne.jp/~yamadaer/

*前回のペニーレーンはまだMUDDY FRANKENSTEINから移行の過渡期だったから、
いよいよ初登場@札幌 !20年来のライバル達との競演!これは楽しみ!
[PR]
by muddyfrankenstein | 2007-07-05 12:33 | SCHEDULE

横浜公演終了!

d0068382_21284640.jpg

田紳有楽口説
すっとぼけは振り切ると理解されない。
こおいうところが自分で自分の首を絞める変人芸か。
「あ〜あ、土肥さん、やっちゃったなあ〜」とよくいわれる演目が
『「田紳有楽」口説」ですが、この”やっちゃった感”であふれかえっているのが
他でもない原作「田紳有楽」なのです。
なぜ、この芝居の素人が演じるのか?なぜ棒読みの語り部がいるのか?
この配置換え、設定の奇妙さを再現したかったんです。
すべて自覚のうえであるということが、全く伝わらないのが残念なところ。
ドン引きして当たり前というところを、笑ってもらう演目だったんだけれど、
そこまで人々は遊ばないことを知った。

ほんとそこいらへんのきまりきった狭い頭で語る人の多いこと多いこと。
まあ、どのジャンルでもそうだろうけれど、角度違いの表現が侵入すると
人々はおおむね拒否し、批判にはいる。
その人々の脳の凝り固まりをせせら笑いながら、さびしいおもいで噛み締める毎日。
ひかりの日の出が来るには、まだまだ人々の余裕が必要だなあ。
理解まで20マイル。
ものを作るのに”サービス”をまだ求めますか?
ミクロのミクロの世界まで共有できる真の協力者を強く求む

志太の幽霊
私ぐにゃり初脚本作品。
とにかく特筆すべきは、佐東さん、若林さんの役者二人の能力の高さ!
そして二人の技術の高さを一番いい形で引き出し隙無く構成した 演出家の目の高さ。
直球勝負で脚本がいけたのもこの”穴のない”人間達で作り上げられたからこそ。
この作品こそ、空間アート協会ひかりの代表作となりえました。感謝。
d0068382_21534147.jpg

[PR]
by muddyfrankenstein | 2007-07-03 23:56